トップ

求人について考えましょう

求人のマイナー学び

印象

求人広告と面接した後の断り方

かつての高度経済成長を支えたといわれる終身雇用、年功序列制度は、変化のスピードが速い現代に順応するのが難しくなり、会社は常に優秀な人材を求めているといっても過言ではありません。一方で、働く側も、自分を正当に評価をしてくれる場所を求めています。求人をしたら、その中で誰かを選ばなければならず、それ以外の人は断ることもやむを得ません。面接をした人は、当社以外にも就職活動をしている可能性があるので、採用が決まったら早目に連絡をするのが断り方のマナーです。先延ばしにすると、待つ人には迷惑になってしまいます。また、採用を連絡をしても、既に就職が決まっていたり、当社に就職できないこともあるので、求人のやり直しにならないよう、採用予定者本人の意思確認をしてからほかの人に断りの連絡を入れるのがおすすめです。

求人応募のトラブル回避

求人の応募に対しての断り方を間違えると、思わぬトラブルに見舞われることもあります。トラブルになりやすいものとして、男性は募集していない、若い人しか雇わないなど雇用対策法で禁止されていることを理由とした言い方。また、募集定員に達したと断りながら全く同じ内容で募集し続けていると、まだ募集しているじゃないかとクレームが来ることもまれにあります。こうした言い方は適切ではないと考えられます。求人応募の断り方は「選考の結果、不採用」が適切です。面接した結果が一番だとは思いますが、最近では先に履歴書を郵送してもらい、書類選考の結果不採用というスタンスも多くあります。明らかにという場合でも、「選考の結果、不採用」という体を取るのがトラブル回避のコツです。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人について考えましょう. All rights reserved.